難聴中学生の支援難聴の思春期を考えるページ(最新更新:2018/05/30

◇開設にあたって

私は20004月から6年間、聾学校に勤務して,難聴中学生に通級指導をしていました。難聴ということばを聴いて皆さんはどのようなことを考えるでしょうか。私はもともとは中学校の教員です。採用になったのが1980年。非行の第3のピークと呼ばれた時期で,全国に校内暴力の嵐が吹き荒れていました。金パチ先生もまだ若くて,体当たりで子どもを指導していた時代です。

そんな中学生を目の当たりにすることで教師を始めた私は,「難聴という大変な重荷を背負った中学生ってどうなるんだろう。」という疑問を持ち続けています。その後,1994年から2年間,現職のまま上越教育大学大学院に派遣になって,聴覚障害の勉強をして現場に復帰。その後,10年間難聴学級・難聴通級を担当してきました。大学院の修士論文では,難聴の成人の方々に「この困難な時期をどのようにしてのりこえたのか」インタビュウをして回りました。その後,通級指導を通して難聴中学生の支援をしながらやってきたこと,考えたことをまとめてホームページを作ってみました。

2007年4月

*送料改訂:メール便の廃止に伴い各冊子の送料を改訂させていただきました。何とぞご了承ください。

ホームページの内容は・・

ハンドブック表紙半面

ハローイングリッシュ表紙

難聴中学生の支援」―ことば,学習・コミュニケーション,そして自己像―

20148月,これまでの実践や報告を整理して冊子にしました。詳しい内容は上の表紙をクリックしてください。

「難聴児・生徒理解ハンドブック」学苑社 \1500+税

コミュニケーションが変わる笑顔が生まれる

NEWHS(ニュウエイチエス) 新潟・難聴中学生のための英語勉強会

次回は 2018年6月16日(土)会場:新潟市総合福祉会館

² 参加・見学希望の方はメイルをください。内容の詳しいことは,NEWHSのページから、ニュースをご覧ください。

² 2018年度の活動説明会の資料はこちら(

ハローイングリッシュ

朝日学生新聞社から、201212月発刊。価格 税込 \800+税、各書店、ネット上販売サイトで購入できます。

今年度の講演予定

今年度、下記のように講演会を行います。当事務局主催ではないので、参加なさりたい方は、各主催者にお問い合わせください。

@ 四国教育オーディオロジー研究協議会 6月9日(土) 会場 愛媛大学

A 中国教育オージオロジー研究協議会 82日(木)3日(金) 会場 山口県立山口南総合支援学校・山口県聴覚障害者情報センター

*@ A ともに「難聴の子どもの思春期の支援」「難聴の子どもの英語学習」の2つの講演を予定しております。

資料のページ

アルファベットトランプ 英語の文字に親しむためのアイテム

トランプを楽しくやりながら、アルファベットが身に付きます。

冊子「聞こえにくくても英語はできる」   難聴中学生英語学習支援マニュアル

NEWHSでの取り組みを,家庭や通級での活用を目指して編集しました。

DVD「聞こえにくくても英語はできる」 神戸聴覚特支学校での講演記録DVD

小学校外国語活動をつくる、「ハロー・イングリッシュ」でつくる

拙著「ハロー・イングリッシュ」をベースに、小学校外国語活動の問題点を探ります。

そして、小学生の英語学習へのヒントやアドバイスを定期的にアップします。

 

inserted by FC2 system